tomo’s room

日⇔英翻訳者のデジタル日記帳。毒に免疫ない方、キラキラ好きな方、入室ご遠慮くださいませ。

見えない世界やスピリチュアルは否定しないけれど

わたし自身は、見えない世界やスピリチュアルを否定はしません。

ただ、いろいろ疑問に思うわけです。

たとえば、
・今のカウンセラーやヒーラー、ティーチャーって、
ただの「お節介アドバイザー」であって、カウンセラーとか名乗る資格はあるのか?
でも、そうだって分かってても、やめられないんだよね?
現実世界では、軽んじられて肩身が狭い。
お節介してもウザがられるけれど、
自分のことを知らない人に、スピや宇宙と絡めれて語れば、
多少は真面目に聞いてもらえるものね……。
うれしいのよね、それ。普段は聞いてもらえないから。

それに気付けばいいのに、みじめな自分を見たくなくて、蓋してる。

だから、いつまでたっても「カウンセラーで食っていく」とかいう、
夢というか無謀をあきらめられず、卒業できない。

・神様や宇宙って、人間が考えるような存在なのだろうか?
人間が捉えられる領域や言語化できる領域って、本当に限られている。
そんな存在が認識できる「神様」や「宇宙」って、
真実や本質と乖離していても不思議じゃないよね?

・人の霊性が向かう方向は、進化だけなのか?
最近、自撮りを見ているとね、「本性ってもう隠せないな」と思う。
で、人の霊性や本質って進化もするけれど、
劣化も退化もするんだなって痛烈に思うわけです。

そういう認識が足りなすぎるのでは……

特に、「わたしはいない」とか言ってるスピの人たちは、
(↑「ノンデュアリティ」とか言うらしいが)
次元の高い人というより、霊界の駒だか広報担当者にしか見えんな^^;

「わたしはいない」=「自分の意思も主張もない」ってこと
判断能力を奪い退化させ、そして思い通り操作するには、
うってつけな理論だよねえ(……我ながら怖い思想だけれどw)

・言ってることは昔から同じじゃん
つーか、救世主なんていないっつーの
なんらかのイベントがあった後、シフトがもたらされる
その後の世界は、みなが未知の才能を発揮して、調和して……

こういうことって、
過去の宗教や指導者が主張してたことと同じ。
昔から変わりないんじゃない?

でも、現実はそうなってないよね(*_*;
リップサービスなのか、嘘なのか、
人間側の努力が足りんかったのかは分からないけれどさ。

やっぱり、救世主とか「これさえあれば万能」みたいなものは、ないのだと思う。

 

見えない世界やスピリチュアルを否定はしません。
成長よりも、ただただ感動だけを求めて生きてる人たちだっているし、
それも否定はしません。

まあ、全般的に、「もっと疑え、審神者せよ……」と思うわけです。
あまりにも無知で警戒心がなくて、
宇宙とか根源の世界を名乗る変な存在に繋がっているという、
自覚のなさが怖いです。

 

ちなみに、わたしは、スピの関係には今も片足突っ込んでて、
かつてはセラピーやスピ系のお友達がわんさといました。
その当時から、「スピの人たちって、本当は、
なんでもエネルギーとかで済ませたいナマケモノなんじゃ……」と思ってた
醒めた人間です。

そういう人間からしたら、
今のスピリチュアルとか自己啓発は、
実態はスピでも啓発でもないよねというところです。

*スピリチュアルをビジネスにすることについては、
別にいいんじゃないのと思います。

現状、世を動かしているのは、政治ではなく、経済(お金)でしょう。
お金が回ればうれしい人たちのほうが、圧倒的多数でしょう?
だから、ビジネスしてお金を回すのはいいことだと思ってます。
お金や対価のことを否定して、あれこれこじらせる必要はないと思います。

ただし、まともな内容や金額であれば、ですがね。

**アンチスピや脱スピを言ってる人たちも、さて、どうですかね。
わたしは疑問に思っています。

他人のことに口出ししてる場合なのかなあ、と。

しかも、なかには、見えない世界の代理戦争と化してる
ブログやサイトもありますしね。
(当人たちはまるで気付いてないようですが……)

まあ、わたしからすると、
アンチスピ派もスピ派も、どっちもメンドクサイ人たちかな。
遠巻きに見てるのが一番です^^;