tomo’s room

日⇔英翻訳者のデジタル日記帳。毒に免疫ない方、キラキラ好きな方、入室ご遠慮くださいませ。

★ちくちく手仕事★刺し子  美しい刺し子~刺し子伝承者が魅せる針目の世界

 

美しい刺し子―刺し子伝承者が魅せる針目の世界

美しい刺し子―刺し子伝承者が魅せる針目の世界

 

こちらも、図書館の蔵書検索で見つけた本。

藍布に白い木綿糸という基本を守った作品が
掲載されています。

本の冒頭に
「今でこそ麻は高級品のイメージだが、当時のそれは蚊帳のように目が粗く手触りも固いもの。その粗い目の間を埋め尽くしたいという思いで、女性たちは針を動かし糸を縫っていった。2枚、3枚の古布を重ねて使うためにも、刺し子がちょうどよかった。

最初はそんな実用から始まったものが、次第に模様に工夫を凝らすようになり、やがて競うように美しさを求めるようになる。とりわけ津軽南部で盛んに作られたこぎん刺しは、その精巧なデザインと技法とで今では国際的にも評価されている」
という文章があって、ここの部分がなんだか心に残りました。

 

素敵なものや好きなものは
生活に豊かさや彩りをもたらしてくれる。

無心に作業してる時間はそれだけで充実してるし、
きれいにまっすぐ刺せると、うれしい。

でも、そこにあんまりこだわりすぎるのは、
今の自分には合わないなあ。

丁寧な暮らし、物を大切にすること、仕上がりの美しさ、
日々の生活の彩り、豊かな時間、伝統など、
自分なりバランスの取れるポイントも探っていきたいな。