tomo’s room

日⇔英翻訳者のデジタル日記帳。毒に免疫ない方、キラキラ好きな方、入室ご遠慮くださいませ。

★ちくちく手仕事★刺し子  暮らしに生きる刺し子~鈴木満子コレクションから

 

暮らしに生きる刺し子―鈴木満子コレクションから

暮らしに生きる刺し子―鈴木満子コレクションから

 

図書館の蔵書検索で見つけた本。
庄内刺し子のコレクション、図案と作り方が掲載されています。

読みながら、いろいろ思いました。

半纏や長着、足袋など、実際のものを見ると、
刺し子本来の目的って、布の補強や再利用なんだなあ。

布が貴重だった時代、糸も貴重だったはずで。
糸とかも無駄しないように、丁寧に作業したんだろうな。

刺し子する時間はどうやって確保したんだろう。

家族が寝静まった後?
でも、灯りなども貴重だった時代、
繕い物や刺し子のために
「夜なべ」なんてさせてもらえたとは思えないけど。

仕上がりや針仕事のみごとさで、
「○○の嫁は……」とか、
うるさいこと言う家族や他人もいたんだろうな。

 

「○○の糸が好き」とか言っていられる今のわたしたちって、
贅沢だな~。

ありがたいものですね。