tomo’s room

日⇔英翻訳者のデジタル日記帳。毒に免疫ない方、キラキラ好きな方、入室ご遠慮くださいませ。

おひとり様フリーランスに他者を育成する義務はない

翻訳者をしているというと、

知人で翻訳やりたい方がいるから、会ってくれないか

別の機会に会ってお話を伺いたい

と言われることがあります。

 

全部お断りしてます~~、ははは。

メンドクサイもん。

 

こちらには何もメリットないし。

 

「冷たい」と言われたら、

「あたたかくする理由なんてない」で終わりです。

それがビジネスってもの。

 

おひとり様フリーランスには、

他者を育成する義務はございませぬ。

 

そして、会いたいと言ってくるのは、

いちいち他人に聞かなきゃできない方、

お世話してもらおうって方、

仕事のおこぼれもらいたい方。

 

つまり、「仕事で通じないレベル」

「育ててもらいたい」と言ってるも同然の方々です。

 

ボランティアさせられる恐れがあるのでは、

会いたくないと言われても仕方ないでしょう。

 

冷たいかな?

でも、相手は就活生とは違います。

 

社会経験積んだ大人だもの、

それくらい分かってほしいものです。

 

あなただって、育ててもらったでしょ?と言うなら。

いーえ。

 

会ってお話伺いたいです。

教えてください なんて、やったことないです。

失礼だし、自分で考えられないバカと思われたら嫌だったですし。

 

ということで、

冷たい態度は今後も変わらないと思います。

 

とにかく、

おひとり様フリーランス

他者を育成する義務はないですからね~

(↑ とにかく、これ強調)

広告を非表示にする